スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物語は、救いになる。

先日、伊坂幸太郎さんの「SOSの猿」(2009年)を読みました。


一つは、他人の発する「SOS」に極端に反応してしまう遠藤二郎が、引きこもりの青年と向き合っていく物語。

もう一つは、冷静・真面目な五十嵐真が、証券会社の誤発注に関するトラブルの「原因」あるいは「因果関係」を探っていく物語。

二つの物語が、クロスし、リンクし、そして、一つに集束していく、そんな伊坂ワールドの物語です。


西遊記と孫悟空、SOS、因果関係、意識と無意識、そして、物語。


『あるキング』もそうだったのですが、この作品もファンタジー色が以前よりも強まってます。

また、来年に出るマンガとリンクしてるらしいので、そちらもチェックしてみます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。